敬語を使ってお金を借りるには、なんて言う?

お金を借りる方法としては、様々な手段があります。銀行で借りたり、消費者金融で借りたり、知人から個人的に借りたりと多様です。
そのお金借りる際は、どのような場面であっても敬語を忘れずに使いたいものです。敬語を使うことで、お金の貸主への印象が大きく変わります。
実際にお金を借りる際に使う敬語としては、「まことに申し上げにくいのですが」から始めます。敬語が日本の美学であるのと同じく、遠慮も日本の美学なのです。「申し上げにくい」は遠慮しながら相手に頼む際の言葉ですので、この文句を欠かさず使いたいところです。そして、本題に入る際は、「当方の勝手な事情により恐縮ですが、恥ずかしながら金欠という状態にあります。つきましては、お力添えを頂きたく、お願いに伺いました。」と言ってお金を貸してくれる人にお願いをして、お金を借りるのが筋が通っていると言えます。あくまでお金を借りる立場である以上、自分はお金を貸してくれる人より下手に出ることが最も重要です。ですから、敬語を欠かすことは出来ません。そして、自分の都合で申し訳ないという気持ちを相手に丁寧に伝えることが大切です。その気持ちが伝わらなければ、お金を貸してくれる人の心に響かないのです。お金を借りるということは、お金を貸してくれる人を敬うことが大切なのです。そして、同情してもらうことが重要となってきます。同情されなければ、お金を貸してもらうことは出来ません。その同情を誘うという点からも、敬語を使うことは大切なのです。